不動産会社に売却する流れ1~不動産会社について調べる~

11月14日 月曜日

まずは不動産会社とは?

不動産の売買、交換、賃貸、管理及び代理(売買・交換・賃貸)もしくは仲介を行う会社のことである。

不動産の売却では、信頼できる不動産会社を選ぶことは最も重要するべきポイントです。

これらを理解することで不動産会社の特徴や役割、基本的な情報を確認しましょう。

まずは役割を確認しましょう!

インターネットなどを活用して自分で売却物件を探したりするのも不可能ではありません。

ただし、取引に当たっては法律、税金などの様々な専門知識を必要としており、自分ですべて行おうとする場合は困難になります。

不動産会社では購入者を探すだけではなく、不動産取引全体をサポートする役割を担います。

不動産会社の特徴!

不動産会社には様々な特徴を持つ会社が多数あります。それらの物件の売却に強い不動産会社の特徴をまとめてみました。

・営業担当者が迅速で丁寧!

営業マンは会社の顔と言われています。物件の売却に強い不動産会社を見極めるにはまず営業マンをチェックするようにしてください。

不動産会社は売主と買主をつなぐ存在であるため、営業担当者次第で売却活動の展開も変わっきます。

・広告宣伝に力を入れている。

不動産を売却するのに広告宣伝はとても大きいものです。広告宣伝の仕方によって結果も全く違ってきます。

特にインターネットやマンションなどのポスティング、ポータルサイトなどの広告宣伝にいかに注力していることが重要です。

・サポート体制が充実している

不動産売買は人生において何度もある取引ではありません。今回が初めてという方も必ずいます。

大切な不動産を安心・安全に売却するためにもしっかりとサポートしてくれるパートナーを選ぶようにしましょう。

このような不動産会社の特徴は会社の規模などで形式的に判断できる物ではありません。近隣での評判などを参考に最終的には不動産会社の担当者とのコミュニケーションの中で見極めていくことが大切です。

不動産会社の基本情報をチェックする

不動産会社の情報はインターネットでも入手することが出来ます。必要に応じて不動産会社について基本情報を確認して良いでしょう。

また見つからない場合でも行政機関で一定の情報を調べることも可能です。

以下の一般的に入手されている不動産会社の情報は、

・宅地建物取引業の免許番号

・宅地建物取引業者名簿

・業者団体への加入状況

など色々調べることが出来るので是非調べてみるのも良いと思います。

▲ページトップに戻る