売却にするべきか?貸し出すべきか?

12月12日 月曜日 

家を手放す事になった場合、あなたは家を売却しますか?それとも貸し出しますか?となった時どちらがいいのか迷いませんか?

今日はその問題について説明したいと思います。

家を投資するなら売却か?貸し出しか?

一戸建て住宅やマンションを手放す場合、建物を売却した方が良いのか、貸し出した方が良いのかの2つ方向で判断を迷う人も多いと思います。

ここ最近ではテレビやインターネットなどメディアの影響などもありマンションやアパートなどのオーナーに興味を持つ方も増えています。

ですので最初から売却を考えるのではなく貸し出すというのが増えているそうです。

最終的にどっちが得かは場合によりますがどちらに対してもメリットがあります!だから、その点を考慮したうえで方向性を決めましょう。

 

メリットとデメリット

まず気になるのが売った場合と貸し出した場合にかかる費用やメリットとデメリット!

ではどんな違いがあるのか以下まとめてみました。

メリット

売る場合

・売却代金を得られる

・不動産の維持管理に必要な経費が無くなる

・売却額が確定できるため将来下落するリスクを回避できる

 

貸し出す場合

・家賃収入が得られる

・家という資産を持ち続けられる

・ローン完済の場合には所有する不動産を担保に融資を受けることが可能になる

デメリット

売る場合

・家という資産が無くなる

・地価の上昇や下降など売却料金を存する場合がある

・住宅ローンの残債務が多ければ自己資金での充当が必要な場合があります。

 

貸し出す場合

・維持管理の手間とコストが発生する

・住宅ローンの借り換えが必要な場合がある

・空室になった場合、収入を得ることが出来ない

・家賃収入に対して確定申告をする義務が発生する

 

まずは立地やエリアの特性を見極める

まず皆さんに知ってもらいたいのが、「売った方が得な立地」と「貸した方が得な立地」があるという事です。

まず、エリアや立地の特性により外部からの流入が多く利便性も高いため盛況なエリアでは賃貸にしても比較的に安定して収入が見込める可能性が高まります。

これらは行政区ごとにデータ化されているので是非参考にしてみてください。

一般的には調べた結果、東京など大都市圏では出入りは多く他方都市では少ない傾向にあるようです。

売る場合と貸し出す場合の解決法として、、

結論から言うと色々なものが見えていないから悩んでしますのです。

つまり家賃がいくらぐらい見込めるか?が分かればいいのです。

実は一戸建てを売却する場合の無料査定もありますが。貸す方にも管理会社を探すサイトもあります

ですので、、、

・家を売って後悔したくない(もしくは損をしたくない)

・家を売った後、余剰資金に余裕が欲しい方

にはオススメなので良いと思います。

▲ページトップに戻る