リフォームの工事前・工事中、完了後の注意点

1月25日 水曜日

 

リフォーム業者と契約を結んだら、リフォーム工事が始まります。

この時に注意したい点があるので今日はその説明をしたいと思います。

 

1.工事前・工事中の注意点

 

マンションの場合、管理組合にリフォーム工事を申請し、資材運搬のため共有部分である駐車場やエレベーターの使用などについては事前に承認を得ておきましょう。

一戸建てで増築をしたり、大規模修繕を行う際には建築確認の申請が必要な場合もあります。

また、工事という事は騒音などは必ずしも起こると思うので、近所へのあいさつも忘れずにしておきましょう。

これで工事が始まったら、工事が進んでいるかどうかをリフォーム事業者から定期的に報告してもらいましょう。あとは出来る限りは自分の目で現場を見て確認などしましょう。

その時に工事中に追加や変更が生じた場合は、追加金額と工事の期間を延長などを確認してから書面に残しておきましょう。

 

2.工事完了後に確認すべきこと

 

リフォームの工事が終わったら事業者とともに現場の仕上がりを確認し、契約通りに完了したか確認してもらいます。そこで不具合があった場合は改修を依頼しましょう。

検査後、不具合が治ったことを確認したらリフォーム費用を清算して引き渡しを受けます。

その際に保証などの取り決めをしている場合には、保険証やアフターサービスの書面を受け取り、万が一不具合が発生した場合に連絡方法について確認します。

また、契約書などの書類や図面、保証書、設備機器の保証書などの関連書類は整理して大切に保管しましょう

▲ページトップに戻る