電気配線図(電源スイッチ・コンセントなどを示す記号)

2月9日 木曜日

前回照明の記号を開設したので、今回はそれをつなぐコンセントとスイッチを説明したいと思います。

スイッチやコンセントなどの記号にも数字や英文字によって種類や機能を示す事が多いので、位置だけではなく、まずはどのような機能のものかをしっかりと確認することが大切です。

「不動産 電気図 表現」の画像検索結果

これがスイッチとコンセントの図になります。

中には「なんだこれ?」と思うものもあるので説明したいと思います。

コンセント(壁付) 一般的にあるコンセントです。差し込みプラグをプラグ受けに抜き差しすることで配線とコードまたはコードの相互間の電気的接続および断路を随時容易にできるようにした接続器です。
防水形コンセント 名前の通り水などをコンセントのプラグに入れないようにできているものです。屋外や水滴のかかる場所や塵埃の多い場所に最適なコンセントです。
アース付コンセント 地面に打ち込んだ金属棒を通して電気の逃げ道を作ってあげることを「接地(アース)」と言います。目的は交流の電気を使う事によって発生する電場を制御することが出来ます。
つまりアースによって感電防止やノイズの防止などが防げます。
電話用アウトレット 電気器具や照明器具と電源を接続するためのコンセント、電話線の接続口、テレビアンテナ接続口のこと。各居室やスペースの利用の仕方、使用する電気・照明器具などの種類や数量を想定して、事前に配線計画を立てる必要がある。
3路スイッチ 1つの照明に対して2箇所からON/OFFができるスイッチです。 よくあるのは、階段の下でスイッチを押して灯りをつけ、上に着いたら、上にあるスイッチを押して灯りを消すというもの。
調光器 これは部屋などの壁についている、部屋の明るさを調整できる器具です。
LAN配線 LANとは一施設内などそれほど広くない範囲で用いられるコンピュータネットワークのことです。主にオフィスや工場、マンションなどに使用されています。
LAN配線には有線LANと無線LANとがあります。有線LANはケーブルでつながったLAN配線で、無線LANは電波を利用して無線でデータの送受信を行うLANシステムのことです。
給湯器リモコン 給湯器は水を湯に変えて供給する器具の事です。また、湯沸かし器、温水器とも言います。
換気扇 室内の空気の排出・排煙又は室外の空気との入れ替え(換気)をファンにより強制的に行う電気機器。 モーターによりプロペラなどを回転させて空気の流れを発生させる。
主に風呂場や調理場などに設置されている。
分電盤 電気を安全に使用するために必要な漏電遮断器(漏電ブレーカー)や配線用遮断器(安全ブレーカー)を1つにまとめた箱のことを言います。

スイッチは照明器具の使い勝手に影響を及ぼすのでライフスタイルをイメージしながら検討しましょう。

また、照明とスイッチは繋がっています。繋がっている証明をON/OFF出来るスイッチを示しているもので、照明1つに対して必ず1つはスイッチがあるのは基本ですが1つに対して2つのスイッチの事もあります。

2つの照明をひとつのスイッチで操作することもあります。空間の使い方や生活動線などを考慮して、照明とスイッチの記号、結ぶ線をひとつひとつ確認することがとても重要です。

 

確認

・スイッチは使いやすいかどうか?

・コンセントは必要な数だけ設置されているか?

・設置するスイッチの種類または機能が適しているのか?

・設置するコンセントが希望の通りに設置されているか?

・スイッチやコンセントがドアなどで隠れないか?

・テレビやインターネット配線などは適したタイプになっているか?

▲ページトップに戻る