配置図(主な記号)

2月14日 火曜日

 

配置図に使われる記号は主に汚水桝・雨水桝などの場所を表現するために使用されています。

今回はその記号について説明したいと思います。

 

1、主要な出入り口

主要な出入口

日常的に人が出入りする場所のこと。

主に玄関などのことを指します。

 

2、ベンチマーク

ベンチマーク

BM=BenchMarkの略で敷地や建物の高さの基準レベル点を指します。

BMは施行時の基準マークになるので動かないものを基準とします。

主にマンホールなどがそれにあたります。

 

3、雨水桝

雨水桝

竪樋(たてとい)を経てから雨水配水管の接続箇所や配水管の合流地点、配水管の曲がりや排水こう配が変わるところなど道路と敷地との境目付近に排水設備の維持管理を設ける桝のこと。

 

4、汚水桝

汚水桝

家庭から出る汚れた水。接続箇所や配水管の合流地点、配水管の曲がりや排水勾配が変わるところ、
道路と敷地との境目付近に排水設備の維持管理のために設ける桝のこと

 

5、レベル

レベル

±0、±100等の表記になります。

これはBMを基準とした敷地のレベルを表しています。

例えばレベル1=1mmみたいな感じです。

▲ページトップに戻る