増築とは?

2月24日 金曜日

 

増築(ぞうちく)とは簡単に言えば床面積を増やすことです。

また、2階を建て増しする場合や骨組みや構造から作り直すような大規模なものもすべてが増築と呼ばれています。

改築(かいちく)と言った言葉も聞いたことがあると思いますが、これは床面積を変えずに間取りの変更を伴う工事を行う事です。

改装(かいそう)は間取りの変更をせずに内外装を改める事をいいます。

同じくリフォームもありますが、これは「増築・改築・改装」などを含んだ総称になります。

例えば近所に「近頃リフォームする予定なの」と聞いたら、それは増築の場合もあれば改築や改装の場合もあるという事です。

 

増築が出来ないケース

昔と違い今は法律とかで厳しくなり、増築にふさわしい条件でなければ認められないようになっています。

その1つ❝面積❞です。

10㎡の面積を超える工事には、役所の届け出が必要になり、そのうえで建ぺい率に適合した建物の建築が許されます。

因みに建ぺい率とは?

建築面積の敷地面積に対する割合のことです。

例えば、建ぺい率が50%と指定された地域にある100㎡の敷地には、建物の投影面積として50㎡まで建築できることです。

これを無視して建ててしまうと建築基準違反となり、場合によっては取り壊しになってしまう危険性もあるので気を付けましょう。

 

❝建物の構造❞によって増築に制限がかかります。

RCや鉄骨の住宅は増築をしても耐久性の面で問題があり、見た目も不自然という理由から認められないケースもあります。

また、木造は建物が古く耐震性が弱いと判断された場合は増築は認められないです。

 

新築時に建ぺい率いっぱいに建てた建物の増築や2階建てから3階建てへの増築、いまある建物と違う加工や工事の方法での改築などは、ほぼ認められないと思った方がいいでしょう。

また、これは法律的な問題ではありませんが近隣に迷惑をかけるような増築は止めましょう。

 

▲ページトップに戻る