部位別のリフォーム時期(床・畳・壁紙の場合)

3月15日 水曜日

 

家のリフォームで特に人気の高いといわれているのが内装のリフォームです。

家の雰囲気を替えたいという時には内装をリフォームするだけで全く違った印象を比較的に安く手軽に楽しめます。

今回のリフォームの中でも床・畳・壁紙まわりは人気が高いです。

特に壁紙は比較的に安価なのが魅力的の1つとも言えます。

壁紙を替えるだけでも家の雰囲気が一段と変わるのでオススメします。

また、小さい子供がいる場合はよく壁をお絵かきしたりして壁紙を張り替える方もいます。

その際に消臭やマイナスイオンが発生する様々な機能を持った高性能な壁紙にするのも良いと思います。

装まわりのリフォームサイクルには特に決まりはありませんが、一般的には汚れや痛みなどが目立った場合に交換することが多いそうです。

部屋の用途や使用頻度にもよりますが、壁髪は新築の時は木材のゆがみで破れてしまう事があるので比較的に張り替えることをオススメします。

畳の場合は3~5年で表替え、10年で取り換えるのが良いでしょう。

 

リフォームの見極め方

畳のリフォームでは「裏返し」「表替え」の2通りの利用方法があります。

以下に当てはまった場合は畳を裏返すだけで解決します。

・畳全体が黄色の変色した時

・傷が目立ち始めた時

畳の裏返しの時期は基本的に2,3年です。

裏返しが3年くらい経過したら表替えをしましょう!

床の場合も同じように踏んでみて沈み込むようなら張り替える必要があると思います。

床を放置すると床に穴が開く場合が非常に高いので、出来る限り早く張り替えた方が良いと思います。

壁紙クロスは、隣の壁紙との継ぎ目がはがれる場合は交換しましょう。

また、継ぎ目が線上に見えたら1,2年のうちに張り替えた方が良いです。

▲ページトップに戻る